「Life is Numbers〜ライフイズナンバーズ〜」顔合わせを終えて!

  • 2016.08.03 Wednesday
  • 16:00
どんな時もー♪どんな時もー♪
僕が僕らしくあるぅーためにぃ♪
すぅきぃーなものはすぅーきぃーとぉー♪
言える気持ちぃー、だっきしめてぇたいぃー♪


俺だあ!


暑いけど、みんな!元気か?!


大抵朝方4時5時台に一度目が覚めてエアコン入れて二度寝三度寝する宇田川だよ!


おはこんばんちわ!
昨日「Life is Numbers〜ライフイズナンバーズ〜」の顔合わせがありました!!どんな物語になるのか今から楽しみだよ!!!



今日は是非みんなに検診に行ってもらいたい気持ちも込めてのブログだよ!「Life is Numbers〜ライフイズナンバーズ〜」とカンケーあるよーな無いような(笑)



突然ですが、ここだけの話。宇田川。
乳がんの疑いがありまして、こないだ精密検査してきました。


結果は「良性」でした。


是非みんなも検査をうけたほーがいいなーって経験だったので書きます。




今年の2月に区の検診にいきました。
毎年いってはいるんだけど、婦人科って区によっては個別に予約が必要だったりして以外と面倒だったりするので案外にみんなしてないんじゃないかなーって。わたしもその一人。

前住んでたところは、直接指定病院に予約の手続きを個人でやらなくてはいけなくてなかなか検査に行かなかったんだけど、引っ越した地元の区は普通の検診に婦人系も入ってたので検診日にそれらも検査してくれるので、こりゃいいや!と受けてみました。



3週間後届いたのがこちらのお知らせ。



良性だけど悪性も否定できない。


なんとも、はっきりしない通知。


これを受け取ったのが、ヨミガエラセ屋の稽古初日前日でした。


いゃー、これはね、もらった人しかわからない感情なんだけど、だいぶヘコんだね。

父も母も癌で亡くしてるから、いづれは私もそーなる確率高いんだろーなーって思ってたけど早くねぇーか?!

って。

3年前にね心配になって人間ドックとか子宮系の癌検診も立て続けにやってたんで、もちろん乳がんもね、なんであら?!あらららら?!


って。

なので、今になって話せますけど、ヨミガエラセ屋の時はこれが最後になるかもなーって正直思ってました。


で!

この説明会、私はお昼13時から1時間半位かかりますって説明が書いてあったんだけど会場に行ったら朝11時からその会が繰り広げられていました。

入口の看板に
「乳癌説明会 11:00〜18:00」って書いてあったのよ。

おっ、こりゃ、あたしゃ何部目なんだと。


相当な回数繰り広げられてるやーつなんだなと。


で、その回に来た人20人くらいいたの。

5回回しとして100人くらいは軽くこの回に参加されるんだろーなと推測。

医師会の婦人科からおじさま先生が説明に登壇されていろいろ説明してくれました。


発見が早ければ進行の遅い癌なので治る確率は高い。

子供を生んでいる人が癌になる確率は妊娠していない人よりは低い。(女性ホルモンの分泌が妊娠により一年近くストップするのがその理由)・・・でもね、小さい子供連れの若いママさんが3人くらいいたの。。。びっくり。




癌のいわゆるステージとちがって1から5までの判断基準があるんだそうです。


1:明らかに癌ではない
2:今の所、癌ではないが経過観察の必要あり
3:一見良性だが癌の疑いが否定できない
4:明らかに癌である
5:進行癌である

この5つ。

で、そのおじさま先生は
「ここにいらっしゃる皆さんは、どちらかわからない人達です、3番にあたる方達です。精密検査をして癌じゃないですよって言われてきてください。。。」


と、最後にコメントされていました。



そうですよね、ここにいる人みんな癌だったら相当な患者数です。

おじさま先生はなかなか分かりやすい説明で、北斗晶さんの話も踏まえつつお話ししてくれました、のちに個人面談。

自分のレントゲンをみながら、どこが疑わしいのかサクッと話してくれます。本当サクッと。私の場合、シコリではなく乳房全体にまんべんなく白いプツプツが散見されたのね悪性の場合もあるのだそうです


で、ここからが問題。



紹介状を書くのでこの中から行きたい病院を選んでくださいとの事。




これね、わからない人はわからないよ。
どこにしたらいいのかなんて。

私は母がお世話になった癌研有明さんの名前があったのでそこに紹介状を書いてもらうことにしました。母は大腸癌だったからその時にいろんな病院を調べて電話したりしたんだけど、なかには大腸癌は扱ってませんって断られた病院もあったから癌ならどこでも見てもらえるというのはちょっと違うのかも、病気によって得意不得意あるみたいですからね。病院も。有明は病院内のかってもわかってるし知らないところよりいいなとおもって。何より看護師さんも医師の皆さんもみなさん優秀で素敵な方達だったので迷わずここ!!にしました。

で、ものの45分くらいで説明会終了!その足でヨミガエラセ屋の稽古に向かいましたよ


そして、自分で癌研に電話して精密検査の予約をしました。


当日病院についてから検査に至るまで、緊急連絡先とか仕事内容とか自分の病気が何かわかってますか?!とか、何かあった時の緊急連絡先の方は癌であることは伝えて大丈夫ですか?!などなど、母の付き添いでいった時と同じ質問を私自身がされていることに少し興味深さというかなんか不思議な気分になりましたが、めっちゃ元気にあっ!大丈夫っすよ!!って答えました。

普通の人は多分検査前のこの面談で相当なストレスと緊張を感じるんだろうなと。こりゃ、シンドイなと。
で、担当の先生と面談。舞台をやってるので食生活は少し乱れてますとか、私生活についていろいろ聞かれたんですけど、その女医さん(綺麗な方でしたよ!)は、ちょっとミーハーで今まで有名な人と共演した?!とか、どんな人達が出てるの、どの辺でやってるの?!とかめっちゃ聴いてきました。だいぶ話に花が咲いちゃいまして、ヨミガエラセ屋のチラシ渡しそうになりましたけどね(笑)



触診して、まぁヨレもないし(腫瘍があると乳房のかたちが少しへこんだり崩れてたりする)シコリも無いのでまぁ大丈夫かと思いますが、とりあえず検査ですねー、 で、結果をいつ聞きにきますか?!対面で結果をお伝えします。問題がなければその日で終わりです、異常が見つかればその時また今後について決めましょう!で、いつが空いてるの?!と美人女医

この日から舞台の本番なので小屋入り日!!この日、舞台セットなんかを作り込む日なので少し時間は取れると思います!その日にします!

美人女医曰く、えっ本番はいつから?!
私、水曜日からです、なので月曜日にします!

美人女医
2日後本番かぁ、、、ドッキドキですね!!!!



そーですね!!!(笑)



って返事するしかないよね(笑)



で、検査。

有明には3Dマンモグラフィーっていうのがあってそれで検査をしました。通常のマンモも3Dマンモも患者側からするとすることは変わり無いです。挟まれてる間に、でかい機械が乳の周りをウワンウワンいいながら回ります。挟む人の腕がなかなか痛さを左右するんですが、なかなか上手い方であまり痛くはなかったですね。で、その検査の担当の女性がまぁー巨乳でびっくりしました(笑)

そして、エコー検査!ヌルヌルと超音波で病変を探す検査ですね。



数年前に人間ドックをうけた際、先生が一年おきにマンモグラフィー、エコー検査と交互に検査したほうがいいよと。どちらの検査も一長一短あるから、交互にしなさいと教えてくださいました。


精密検査となると2つがっつりやります。


エコー検査とマンモの検査の間に少し時間があって当時失神タイムスリドルのオファーも頂いていたので待合室で担当のAさんに色々スケジュールメールしてましたね。


これ、もし病気だったらどうすっべかなーって思いつつ、もしそーなったらその時考えよう!と



悶々とした日々を過ごしておりました。あの通知が届いてからひと月ちょっとね。


小屋入り日に検査結果を聞きに行くなんてなかなかのドSやなと我ながら思いますけど、とっととはっきりさせたかったのよね


で、ドキドキしながら順番待ち。
その間も同じ待合室で患者さんへの入院の説明とかこれからの検査の説明とかされていて私もこの後これと同じ説明されるのかなーとか悶々と待ちまして


名前を呼ばれて診察室に


そしたら、あの美人女医さんではなくてとてもわっかい可愛らしい先生が待ってまして、レントゲンなど見ながら説明してくれました。

ここぞとばかりに質問をしまくりました。


マンモグラフィーで見つかった、その白い病変は癌ではなくて、老化による老化だよ老化による「石灰化」でよくみられる症状だそうです。これが悪性のものだとレントゲンを撮るたびに同じ場所に写るんだとか。

私の場合は、位置が全くちがってきているので石灰化であって癌では無いということと

エコー検査でみつかった、1ミリにも満たない病変も良性と判断されました。

癌の場合はその病変の表面がツルツルと丸いものではなくて、金平糖のようにツンツンとがったものになるんだそうです。


ですので、今回悪性という症状は見受けられませんでした。



という検査結果でした。



でもね、一生良性のままとは限らないのできちんと検査は受けてくださいねと言われました。



癌研有明病院


タリーズもある。


乳腺科 224
乳癌発見 40

こんな表もはってあったりする。
おかげさまでヨミガエラセ屋も心おきなく「ヨミガエラセることができました(笑)」


説明会にいた子連れの若いママさんの結果はどーだったんだろうな。異常がなければいいなーとぼんやり考えたりします。


私の友人にも乳癌の子がいます。私より全然若くて子供もまだちっちゃい子が2人もいて、でも楽しく頑張って生きてます!

自分の関係者のなかにも癌の方が沢山いらっしゃいます、こないだその女優さんと飲みに行きました!早期だったので手術をしていまは3ヶ月に1度検診に行っているそうです、舞台にもバンバン立ってます。

その方以外の私が知ってる子たちはみんな私より全然若い20代の子や30代の方が多いです。

年をとってなる病気、でもなくなってきているのかもしれません。


ただ怖いのが、初期症状が全く無い・・・・ってことなんですよね。

何より痛く無い。



だからこそ、年に一度の癌検診を是非皆さんにも受けていただきたいです。

私は癌にはなりません、という保証はありませんからね。


行きたいところに行って、会いたい人にあって、やりたい仕事ができて、ぐっすり眠れて、美味しいゴハンをお腹いっぱい食べられることがどんなに幸せなことかと思います。

それができなくなってしまった親を嫌というほど見てきたので。



癌はそんなに怖い病気じゃないと思います、両親を亡くしても私はそう思います。発見が早ければ多分あと10年は生きられたんじゃ無いかとすら未だに思ってますから。


何よりも、定期検診、健康診断をめんどくさがらずに受けてくださいね!!





健康第一!
コメント
久しぶりにコメントしに来ました(*^。^*)

私も今回の美樹さんのブログの内容に共感してる1人です。
私も毎年癌検診、婦人科健診も行ってますよ。

以前、会社の健康診断で貧血と診断されて婦人科と胃腸を検査してきなさいって言われ、人生初のバリウム飲んで胃の検査してきましたけど、異常なし。
でも婦人科の方で異常が見つかって癌ではないですが、毎年検査に行ってます。

みんな健診は面倒って言ってますが、私は昔から健診がどちらかというと好きなので(笑)ちゃんと行ってます。

私の周りでもやはり年齢に関係なく癌になってしまった人の話聞きます。年齢が若ければ若いほど癌の進行が早いらしいので怖いですよね。
明日は我が身です(+o+)
  • 2016/08/04 1:03 AM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
<< February 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM